結婚式の料理はジャンルで選ぶのも賢い方法

admin
2019年9月30日

スタンダードなフランス料理とカジュアルなイタリアン

結婚式の料理の代表的なジャンルとして有名なのが、フランス料理です。結婚式の専門会場やホテルでも数多く採用されているジャンルです。オマール海老やフォアグラ、キャビアなど日常生活では出会えない食材を使っていて、豪華なイメージになります。盛り付けもはなやかで、テーブルに彩りを与えてくれるのが魅力です。スタンダードな結婚式にしたいときや、グルメなゲストが多いときなどに選びます。

カジュアルでおしゃれな雰囲気のあるレストランウェディングなどで使われているのがイタリアンです。パスタやサラダ、ピザなど日本人に馴染みのあるメニューが多く、ゲストも食べやすいのが嬉しいポイントです。カジュアルな雰囲気にしたい、二次会を盛り上げたいときに利用します。

上品さが売りの和洋折衷と日本料理

和洋折衷料理はフランス料理と日本料理が組み合わさったメニューが中心です。子供から大人まで楽しむことができ、特に年配の人にも評判の良い料理だと言われています。会場によってはいくつかの料理からセレクトしてメニューを決められる場合もあり、自分たちの希望に沿ったメニューを完成させることが可能です。幅広い年代のゲストを招待するとき、ゲストの顔ぶれを見ながらメニューを決めたいときにぴったりです。

親族だけの結婚式や和風の結婚式で採用されることが多いのが、日本料理になります。器の美しさや食材の輝きも楽しめるのは和食ならではです。かしこまった雰囲気にしたいときや、ゆっくり食事を楽しんで貰いたいときに日本料理にします。

京都の結婚式場は格式の高いところがとても多いですが、予約する前には、必ず結婚式の下見を行いましょう。